top of page

【2025】シンギュラリティで企業・ビジネスにどんな影響がある?すぐに手を打つべき。



シンギュラリティが企業やビジネスにもたらす影響を調べている人の中には、


「そもそもシンギュラリティってなんだろう?」


「シンギュラリティに対応する具体的な方法が知りたい」


とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


シンギュラリティがもたらす技術革新の変化に対して企業が対応できなければ、その企業は生き残ることができなくなる可能性があるでしょう。


本記事では、シンギュラリティによる影響を解説し、企業が今すぐ手を打つべき課題について解説していきます。


最後まで読んで頂ければ、シンギュラリティに対応する方法についても解説するので、生き残るためのヒントを得られるでしょう。



 

目次

シンギュラリティとは?

シンギュラリティが注目されている理由

シンギュラリティの到来予定が大幅に見直し

シンギュラリティが企業に与える影響

  • オートメーションによる効率化

  • AIによるデータ解析の高度化

  • 人間の代替をするAIの出現による雇用の変化

シンギュラリティによって無くなるかもしれない仕事

  • 事務職

  • 銀行員や保険代理店

  • 製造業

シンギュラリティの影響で生き残れない企業の特徴

  • 革新性に欠ける

  • DX推進してない

  • 従業員がスキルアップを怠っている

企業がシンギュラリティに対応する方法

  • デジタル技術の導入

  • AI・機械学習技術の習得と人材の育成

  • 従業員とAIの共存

AI製品を導入する会社を選ぶときに考慮すること

  • 専門性がある

  • 取引実績が豊富

  • 製品のお試しができる

まとめ:シンギュラリティに対応して生き残ろう





「シンギュラリティ (singularity)」とは、元々は数学や物理学の用語で、「特異点」という意味です。現在、科学技術の分野では、人間の脳と同レベルのAIが誕生することを表しています。


具体的には、人間の脳と同レベルのAIが誕生した時点を堺に、人間の知能を超越して、自らの意思を持つことで人間とは別の意思決定を行うようになる状態を指しています。


また、シンギュラリティは、影響力が非常に大きく、社会・経済・政治・文化・倫理など、あらゆる分野に大きな影響を及ぼすことが予想されています。






シンギュラリティが注目されている理由は2つあります。


人間の脳と同レベルに達した際、人間が持つ能力を超えることが予想されています。


そのため、これまで人間が解決できなかった問題を解決するために役立つ可能性が高く、大きな期待が寄せられています。



シンギュラリティが持つ懸念やリスクについても注目されています。AIが自ら意思決定をすることで、人間がAIを制御できなくなるリスクがあると考えられています。


また、自律的な意思決定を行うようになったAIが人間と対立するようになる可能性も少なからずあるでしょう。






シンギュラリティの到来予定については、もともと、シンギュラリティ理論を提唱したレイ・カーツワイルが2045年に到来すると予測していました。


しかし、現在ではシンギュラリティの到来予定は見直され、いつ到来するかは不確定要素が多いとされている中、複数の専門家が早ければ2025年にも到来すると予測しています。


そのため、企業はシンギュラリティに対する早めの対応が求められることでしょう。



ここからは、シンギュラリティが企業に与える影響について解説します。


シンギュラリティによって、多くの仕事が自動化されることにより、大幅な生産性向上が期待できるでしょう。


自動化されたシステムは、従来の人手による作業に比べて、より高速で正確な処理が可能です。また、現在自動化ツールとして利用されているRPA自体も不要になります。


人間の手を介する必要がなくなるため、生産性が向上し、生産コストを削減することができます。




シンギュラリティによるAIの進歩によって高度なデータ解析が可能になります。現在、大量のデータを解析する場合、人間がデータ分析ツールなどを利用してデータ収集・加工・分析を行います。


そのため、データサイエンティストなどの高度な技術を持った人しかデータ分析を行えません。


しかし、シンギュラリティにより、誰でも必要なデータだけを収集し、データの欠損も適切な値で補完され、精度の高いデータ分析がスピーディーに行えるようになります。そのため、企業はより正確な予測や分析、効率的な意思決定を行えるようになるでしょう。



シンギュラリティの登場によって、従来の雇用スタイルが大きく変化するでしょう。自律したAIが人間の仕事を代替するようになったり、新しいビジネスが登場するようになったりします。


AIに代替される職種については次章にて解説するので割愛しますが、新しいビジネスとしては、AIによる自動運転やドローンを用いた交通機関の発展が予想されるでしょう。




シンギュラリティの登場によって無くなる可能性のある仕事について解説していきます。



シンギュラリティによって、事務職がなくなる可能性があります。現在においてもRPAなどにより、データ入力やルーチンワークなどが自動化されています。


今後はAIによって文書の自動生成やメールの自動返信、スケジュール管理なども行われる可能性があるでしょう。


しかし、人間ならではの判断力やコミュニケーション能力が求められるタスクはなくなりません。そういったタスクはAIではなく、引き続き事務職の方が行うことになるでしょう。




銀行員や保険代理店の方が行っている口座開設や保険の申し込みなどの仕事が、AIによって自動化されることでなくなる可能性があるでしょう。


システムの自動化だけでなく、銀行や保険代理店で取り扱っている商品の説明や、顧客に即した商品のレコメンドなどをAIが意思を持って行うことになります。


しかし、AIはこれまで銀行員や保険代理店の営業職の人が蓄積してきた信頼度を超えることはできないでしょう。顧客は人間であるため、やはり人間の方が安心できるといった心理的な部分が大きく影響するためです。




製造業において現在手作業で行っている仕事がなくなる可能性があります。現在、画像認識の技術を用いて、生産ラインに流れる不良品の検知などを行っています。


今後は、従来精密さが求められる側面から人間の手作業で行ってきたことを、ロボットが代替していくでしょう。意思を持ったAIによって精密さを担保できるためです。人間の手の震えなどがシンギュラリティによって解消され、より精密な作業が可能になります。


とはいっても、今まで培ってきたベテランの経験や勘はAIによって代替できる部分とそうでない部分があるので、完全にAIに置き換えることは難しいでしょう。




シンギュラリティの影響を受けて生き残ることができない企業の特徴について解説します。生き残るためにも是非参考にしてください。



シンギュラリティのような革新的な技術が登場すると、従来のビジネスモデルが非効率的になる場合があります。その際に、新しいビジネスモデルに対して柔軟に変化できない企業は生き残れない可能性があります。


そのため、新しい技術が登場した時には、将来を見据えてイノベーションを積極的に取り入れることが重要です。常に変化し続ける姿勢がある企業が今後生き残っていくでしょう。




シンギュラリティの登場後に生き残るためには、デジタル技術に精通していることが不可欠です。シンギュラリティが登場してから、AIについて検討している企業は変化に対応することができず、生き残ることができない可能性があります。


そのため、シンギュラリティが登場する前から少しずつでもAIをはじめとする最新技術を取り入れるような動きが重要です。




企業がDXを推進することは重要ですが、それだけでは生き残れない可能性があります。


企業で働く従業員が最新技術に対するスキルアップを怠っている場合、最新技術を活用した時代の変化についていけず、ビジネスで成果を上げることが難しくなるためです。


企業には従業員の育成に対する投資が求められ、従業員には自らスキルアップすることが求められています。企業と従業員がともにスキルアップのために取り組んでいる企業こそが時代の変化に対応でき、競争力を増すことができるでしょう。





企業が生き残るためにも、どのようなことをすれば良いかについて解説していきます。来たる将来に備えるためにも参考にしてみてください。



シンギュラリティに対応するためにも、現在においてデジタル技術の導入を行いましょう。前述の通り、シンギュラリティのような技術革新が起きてから行動するのでは競合他社に遅れをとってしまいます。


現在の最新技術である、RPAなどの自動化・AI・IoTなどの技術を導入することで、最新技術を導入する際のプロセスや課題点などを事前に発見し、今後に活かすことができます。




シンギュラリティを使いこなすためにも、AIに関連した知識を持つ従業員の育成を行いましょう。シンギュラリティに対応するためには、専門的なスキルを持った人材を育成することが必要です。


人工知能・機械学習・データサイエンスなどの分野に精通した専門家を採用・育成することで、現在のビジネス上の課題を解決し、ビジネス価値を向上させることができます。


今から育成を行うことで将来的には、シンギュラリティの観点から活用するような人材を自社で確保できるメリットがあるでしょう。





シンギュラリティの登場により人間の仕事がなくなると不安を覚えた方もいるのではないかと思います。シンギュラリティにおける従業員とAIの共存の道を知ることで不安が解消されるでしょう。


具体的には、従業員とAIが互いに補完し合い、協力して業務を進める道があります。AIは業務にて使用するシステムの自動化をして人間が効率的に仕事が行えるようにします。


従業員には人間的な側面を発揮できるよう、クリエイティブなアイデアを出すことや、コミュニケーション能力を活かしてもらいます。


そのためにも将来何をAIに任せて、何を従業員が行うのか、ディスカッションなどを通じて検討することが必要になってくるでしょう。



将来登場するであろうシンギュラリティに備えて、今からAIを導入し、ノウハウや人材育成を行うことをおすすめします。ここではAI製品を導入する際の会社選びのポイントを解説します。



導入を検討している企業にAIに関連する専門性があるかを確認しましょう。AI製品を取り扱っている企業において、製品知識はあるけど、AIに関する知識はあまりないという場合があります。


専門性を確かめるためにも、自社のどのような目的や目標を達成するためにAIを選択したのかを検討しましょう。それをAI製品を取り扱う企業に相談し、具体的な提案をしてくれるかが専門性があるかのチェックポイントになります。




導入を検討している会社の今までの導入実績を確認しましょう。実績が少ない場合、サポートが手薄であったり、AIに関する質問をしてもノウハウがなかったりする可能性があります。


導入後のトラブルを避けるためにも事前に取引実績を確認しましょう。




AI製品をいきなり導入するには、「使い方がわからず結局活用しない」「AIで需要予測をしたいけど結果がでない」などのリスクがあります。


そのため、数日でも良いのでトライアル期間を設けて、お試しで利用させてくれる良心的な会社を選びましょう。




本記事では、シンギュラリティの概要や注目されている理由、その影響などを解説してきました。


「シンギュラリティ (singularity)」とは、科学技術の分野で、人間の脳と同レベルのAIが誕生することを指しています。


注目されている理由は、人間が持つ能力を超えることが予想されているため、これまで人間が解決できなかった問題を解決するために役立つ可能性が高いためです。


シンギュラリティには、業務における大幅な自動化や意思を持ったAIによるデータ解析の高度化も期待されています。


しかし、人間が行ってきた既存業務をシンギュラリティによって代替されてしまう可能性もあり、不安を覚える人も多いでしょう。


そのため、企業がシンギュラリティに対応するには、「デジタル技術の導入」「AI・機械学習技術の習得と人材の育成」などを行っていく必要があります。将来登場するであろうシンギュラリティに備えて、今からAI製品を導入してノウハウや人材育成を行うことをおすすめします。


弊社は皆様のITやDXに関するお悩みについて無料で相談を受け付けています。自社にどのようなAI製品を導入すべきか迷っている担当者の方は以下のリンク先からぜひお問い合わせください。








Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page