top of page

AIチャットボットが企業活動に革命を起こす?!一覧でおすすめサービス10選について解説



AIチャットボットを検討されている人の中には、


「顧客からの問い合わせが多く、AIチャットボットを導入したい」


「どういった機能が必要なのかわからないから、おすすめを教えて欲しい」


とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


本記事では、AIチャットボットの概要や注目されている理由、メリット、おすすめサービス10選について解説します。


最後まで読んでいただくと、ビジネス活用事例や、今後活用が期待される業務について具体的にイメージができます。


 

目次

AIチャットボットとは?

AIチャットボットが注目されている理由

AIチャットボットのメリット

AIチャットボットおすすめサービス10選

  • hachidori

  • Chat Plus

  • KARAKURI chatbot

  • sAI Chat

  • AI-FAQボット

  • OfficeBot

  • PKSHA Chatbot

  • Support Chatbot

  • Chat Dealer

  • HiTTO

AIチャットボットのビジネス活用事例

AIチャットボットにおける今後の適用業務とは?

AIチャットボットを活用して人件費削減を実現させよう




AIチャットボットとは、人工知能技術を用いて開発された自動応答システムのことです。チャットでの質問に対して、機械学習や自然言語処理といった分野の技術を用いて、質問に対して適切な回答ができます。


AIチャットボットの特徴は、まるで人と会話しているかのように、自然な対話が可能なことです。想定された質問と回答を学習するだけでなく、過去から現在に至るまで蓄積されたデータを基に、自己学習を行い、回答に対する精度を高められます。


現在は、顧客サポートや問い合わせ対応・予約受付・商品やサービスの紹介・購入支援など、さまざまな業務に利用されています。



AIチャットボットが注目されている理由は、顧客サポートや問い合わせ対応ができるだけでなく、24時間体制や大量の問い合わせにも対応ができるためです。


また、AIチャットボットは、顧客の嗜好や行動履歴を分析することで、よりパーソナライズされたサポートが提供できます。顧客との会話データや、質問に対する解決策のデータを蓄積することで、問題解決のスピードや精度を向上させることが可能です。


今までのチャットボットは、質問に対して決められた回答しかできませんでした。AIチャットボットは、顧客の質問意図に合わせた回答ができ、人間レベルのサービスが提供できることから注目がされています。





AIチャットボットのメリットは、人手不足の解消やコスト削減、顧客満足度向上などの効果が期待できることです。


顧客からの問い合わせに対して、従来のチャットボットでは顧客が満足する内容を回答することができていませんでした。そのため、有人のコールセンターなどを設立したり、問い合わせ数の増加から増員を行ったりして、コストがかかっていました。


AIチャットボットであれば自然な会話が可能になり、サービスによりますが月額数千円で導入できるサービスもあるので、コスト削減が実現できます。


また、複数のチャネルで活用できる点も魅力的です。Webサイト・アプリ・SNSなど、顧客の好きなチャネルにてサポートが受けられるため、顧客満足度の向上も期待できます。






サービス名

おすすめポイント

導入費用

hachidori

徹底した伴奏サポートにより安心できる

要問い合わせ

Chat Plus

チャットボット導入実績業界No.1

月額1,500円〜

KARAKURI chatbot

AIチャットボット満足度No.1

要問い合わせ

sAI Chat

導入時から回答精度95%以上

要問い合わせ

AI-FAQボット

総務人事におすすめしたいチャットボットNo.1

月額30,000円〜

OfficeBot

即導入&簡単運用で効率UP

月額150,000円〜

PKSHA Chatbot

​圧倒的な日本語精度の実現により顧客満足度UP

要問い合わせ

Support Chatbot

従量課金なし、専任チームサポート無料

要問い合わせ

Chat Dealer

社内用途ニーズに特化、400種類以上のテンプレートを搭載

要問い合わせ

HiTTO

誰でもかんたんに運用できる社内DX特化型AIチャットボット

要問い合わせ




「hachidori(ハチドリ)」は、hachidori株式会社が運営するチャットボットサービスです。LINEのAPIを活用することで、様々なサービスをプログラミング無しで作れます。


hachidoriは、LINE・LINE WORKSと認定パートナーであり、LINEを活用したサービスに強みがあります。


導入の初期フェーズでは徹底的な伴走サポートをしてくれるので、AIチャットボットに知見がない人でも安心して導入できます。ただし、導入にかかる費用は問い合わせて確認する必要があります。




「Chat Plus(チャットプラス)」は、チャットプラス株式会社が運営するチャットボットサービスです。


導入実績が10,000社以上で業界No.1であり、導入コストは月額1,500円からの業界最安値を強みとしています。「AI会話機能」をはじめとした約5000個以上の機能を実装しています。


導入した業界は、官公庁から小売業界まで幅広い実績があり、実績に基づいたノウハウがあるでしょう。


導入した際には、月額1,500円から利用可能です。




「KARAKURI chatbot」は、カラクリ株式会社が運営するチャットボットサービスです。


カスタマーサポート特化型であることが特徴で、AIチャットボット満足度No.1の実績があります。


顧客からは「UIがわかりやすく運用しやすい」「導入前後の徹底したサポート」「他ツールとの連携やカスタマイズが可能」といった部分を評価されています。


導入費用は問い合わせる必要があるので気になる方は確認をしましょう。





「sAI Chat(サイチャット)」は、株式会社サイシードが運営するチャットボットサービスです。


特徴は導入時から回答精度95%以上といった高精度な回答ができることです。登録するFAQの類似表現をあらかじめ学習させるため、導入時から賢いAIチャットボットを実現できます。


導入後も高精度な回答を継続させるために、専任のカスタマーサクセスチームが一貫してサポートをしてくれるので安心できるでしょう。導入費用は問い合わせる必要があります。




「AI-FAQボット」は、株式会社L is B (エルイズビー)が運営するチャットボットサービスです。


総務・人事におすすめしたいチャットボットNo.1であり、事前学習がいっさい不要といった特徴があります。


また、クラウドサービスだけでなく、オンプレミス版もあります。会社の規定により、クラウドサービスがNGである企業には嬉しいポイントです。


月額30,000円から始められ、「FAQコンサルティング」などのオプションも追加できます。





「OfficeBot(オフィスボット)」は、ネオス株式会社が運営するチャットボットサービスです。


即導入&カンタン運用で効率UPができる特徴があります。従来のドキュメントやFAQをそのまま活用でき、ナレッジも半自動的に蓄積可能です。


過去に導入した企業では、問い合わせ数80%削減、作業負担を90%も削減させた実績もあります。


導入費用は、初期費用350,000円、月額費用は150,000円です。





「PKSHA Chatbot(パークシャ チャットボット)」は、株式会社PKSHA Communicationが運営するチャットボットサービスです。


金融系の企業を中心に導入企業数100社以上、自動応答による対応数300%アップを実現しています。


PKSHA Technologyグループによる自社開発AIエンジンにより、圧倒的な日本語精度も実現。高い対話精度によって顧客満足度向上に貢献しています。


導入費用は問い合わせにて確認を行いましょう。






「Support Chatbot(サポートチャットボット)」は、株式会社ユーザーローカルが運営するチャットボットサービスです。


自然言語に特化したAIで、回答精度95%という非常に高い回答率を実現しています。顧客自身での自己解決を促す聞き返し機能も搭載しており、プログラミング不要で簡単に改善が可能です。


導入費用は問い合わせる必要がありますが、従量課金もなく、専任チームによるサポートも無料で行ってくれます。





「Chat Dealer(チャットディーラー)」は、株式会社ラクスが運営するチャットボットサービスです。


チャットディーラーAIは、社内用途ニーズに特化した製品で、回答を登録するだけですぐに利用可能です。


400種類以上の質問テンプレートを搭載し、AI学習を済ませた状態で提供しているのでカンタンに利用を開始できます


クラウドサービスの老舗ラスクが運営をしているため、クラウドサービスに関するノウハウやセキュリティなどの知識も豊富です。導入費用は問い合わせにて確認を行いましょう。






「HiTTO(ヒット)」は、HiTTO株式会社が運営しているチャットボットサービスです。


誰でもかんたんに運用できる「社内DX特化型」AIチャットボットであり、 導入準備の手間やメンテナンス工数を90%削減できます。


共通AIにより1,000件以上の回答とそれに紐づく膨大な質問パターンを学習済みで、人事・総務・法務・CSR・経理など各部署において対応できます。


導入費用については、問い合わせる必要があるので注意してください。




ここまではおすすめのAIチャットボットサービスについて紹介してきました。ここからは、AIチャットボットがビジネスにどのように活用されているか事例を基に解説します。



コールセンターに寄せられる問い合わせの多くはFAQに含まれるものが多いため、AIチャットボットを活用して、FAQ回答を自動化することができます。これにより、オペレーターの負担を軽減し、より高度なサポートに注力することができます。


顧客からの問い合わせを自動で処理することで、注文状況の確認やキャンセルなどの対応が可能です。これにより、オペレーターの手間を軽減し、迅速な対応が可能になるでしょう。





昨今はECサイトなど、オンライン上での商品購入が拡大しています。AIチャットボットをオンラインストアに導入し、商品に関する問い合わせや購入に関するサポートを提供することができます。これにより、顧客の購入意欲を高めることができます。


また、自社の商品を代理販売している企業にAIチャットボットを提供することで、商品に関する情報や販売ツールの提供などを行うことができます。販売代理店の販売力を強化し、売上増加につながります。




AIチャットボットを活用して、顧客が口座残高や明細を簡単に照会できるようにすることができます。これにより、顧客が支店の窓口に行く手間や問い合わせにかかる時間を省くことができます。


また、顧客がローンやクレジットカードの申し込みを簡単に行えるようにAIチャットボットがサポートすることも可能です。


金融機関においてはセキュリティの関係から、クラウドサービスの導入ができない場合もあるでしょう。AIチャットボットサービスにはオンプレミス版を取り扱っているサービスもあるのでチェックしてみてください。





今後AIチャットボットはどのような業務に適用されるのでしょうか?本記事では3つの業務について解説します。自社に取り入れたい方はアイデアの参考にしてください。




カスタマーサポート業務は、顧客が購入した自社のサービスや商品について、使い方がわからない人への説明やクレーム対応などが挙げられます。


現在のチャットボットでは、想定される質問に対して決まった答えを提示するのみで、カスタマーサポート業務を行っている人間の代わりをすることは難しいでしょう。


今後は、より自然な会話ができるようになることで、顧客からの簡単な問い合わせをAIチャットボットにて代替が可能になります。


人間のオペレーターはより複雑な問い合わせに対応することや、そもそもオペレーター数を減らしてコスト削減をしていく動きが考えられるでしょう。




今後、AIチャットボットは病気や症状の自己診断支援に役立つことが期待されています。例えば、病気の症状についてAIチャットボットに相談し、適切な診断や治療法の提案を行うことができるようになるでしょう。


症状が心配ですぐにアドバイスが欲しいときに、ヘルスケアAIチャットボットを活用することで、その場で何を行えば良いかがわかります。そうすることで、心配や不安が払拭され、安心できるようになるでしょう。





今後のオンライン予約システムでは、顧客が24時間いつでも予約を行えるようになります。オフラインの予約や電話予約が必要なくなり、顧客の好きなタイミングで予約を完結させられることから、顧客満足度の向上に期待できるでしょう。


また、予約の変更やキャンセルなど幅広い対応業務にも適用可能なため、人件費の削減が実現でき、浮いたコストを更なるDX活動に投資できるようになります。




本記事では、AIチャットボットの概要や注目されている理由、メリット、おすすめサービス10選について解説してきました。


AIチャットボットは、チャットでの質問に対して、機械学習や自然言語処理といった分野の技術を用いて、自然な会話で回答ができます。


注目されている理由は、顧客サポートや問い合わせ対応ができるだけでなく、24時間体制での対応や大量の問い合わせにも対応ができるためです。


メリットは、人手不足の解消やコスト削減、顧客満足度向上などの効果が期待できることです。


しかし、AIチャットボットの利用には、適切な設計や運用が求められます。適切な応答ができずに顧客の不満を招いたり、個人情報が漏洩したりするおそれがあるでしょう。そのため、AIチャットボットの適切な利用方法や、注意点についても理解が必要です。


弊社は皆様のITやDXに関するお悩みについて無料で相談を受け付けています。AIチャットボットを導入すべきか迷っている担当者の方は以下のリンク先からぜひお問い合わせください。






Коментарі


Функцію коментування вимкнено.
bottom of page